クリーニング屋

白いコートがあまりにも汚れたので、クリーニング屋に持っていく。
お店のおばさんに、「コートは白を買っては駄目よ。」と言われる。
去年、表面が裂けてくる合皮のコートに、購入御法度令が出た。
今後の参考にする。

そのおばさんの旦那さんは丁寧な人である。
丁寧も過度だといやみである。
いやみも過度だと愛らしかったりする。
こちらは、と言いながら指す手のひらがピンとそっくり返っているような人である。

舞台衣装を持っていくのだが、
ずり上がり防止のためにワイシャツの下にゴムが縫い付けてある。
それを伸ばしたり引っ張ったりして、
これはちょっと難しいなあ、ハッハー、ゴムですか、
とか言う。
毎回である。
また、早着替えのため、スナップボタンをマジックテープに変える細工をしているところを
「こちらはマジックテープでよろしかったでしょうか?」
と毎回確認を怠らない。
もう何年も通っているのに、まるで初めて持ち込むかのような物言いである。

でも仕上がりが良いので、毎回そこに持っていく。
[PR]
by momokonno | 2006-02-13 11:25
<< 朝、ビールを飲む女 ムチュウで話す >>