ミモスフェスティバル初日

朝、劇場に集合。
アイロンをかけたり。確認事項をたくさんする。
夢心地、といっても瞳孔開いた版の方、で、時間が経過。
20時開演かと思ったら、19時開演だった。
お客さんは来てくれているのかしら、と思っていて、
もしいなくてもそりゃそうだ、外国だものぐらいに思おうとしていたところ、
舞台裏に行ったら客席から話し声がブワッと聞こえてびっくりした。

本番はというと、
無事にフランスに来られたら良い、から、
アクシデントなく舞台が最後までいければ良い、と、
かなり低い、というか、人は存在するだけで素晴らしい的スタンスで来てたところを、
ガツンと戴いた感じ。
ああ、もっともっと強くなりうる作品だなあ、と。
お客さんの拍手は大きくて、コールももっともっとと多かったのだけど、
人前でやると、何よりも自分で分かる。

新生、「デラシネラ」のスタートとしては、
大変良かったのではないかと。
[PR]
by momokonno | 2008-08-01 19:56
<< ミモスフェスティバル2日目 到着そして稽古、仕込み >>