おつきみ

夜、稽古の後に行ったお店で、こじんまりとしたお店なのだけれど、
店の女の人が殊更なほどに歓待をしてくれる。
知り合いだからということではなく、お客さん、という一点で。
ほんまようこそ、来てくらはりました、ありがとうございます。
最初の一杯を、各々にお酌して回ってくれる。
お疲れさまでございます。何をご注文?
はい、おつきみですね。(お刺身のことをそう言っていた気がする。)
ありがとうございます。
おつきみ大層美味しかった。
あと、とり貝の開いていない状態のものを初めて食す。

しばらくして。
追加の飲み物を頼もうと声をかけるのだが、不在のようだった。
話し込んでいたがしばし後、女の人を見かけたので
あっ、ビールを2本追加お願いします、と言うと、
ああ!ほんまにすいません。妹から電話があったんです。
と言う。

何だかびっくりするぐらいに安く、また来るのが申し訳ないような気がする。
[PR]
by momokonno | 2008-07-22 15:37
<< ごはんつぶ 取材 >>