物慣れた風情

近くにボートピアがある。
そこの周辺に、主に男の人、雨の日も風の日もたくさん集まっている。
仲間意識の強いような、あるいは全くないような。
缶ビールを2缶持った男の人がやって来て、ある人に渡すのだが、
それに対して、おう、とかありがとう、とかが、ない様子。
何事に対しても物馴れた風情で、
例えば、何かに対して慌てる、ということがない雰囲気。
今日は、ある男の人が周りの男達にちくわを配っている。
あるいは、道に座り込んで、男の人と女の人がゆったりと食事をしている。

前を通る度、むしろ外国に近いにおいを感じる。
[PR]
by momokonno | 2008-07-17 15:20
<< 職人風情 ピロシキたち >>