荷造り及び掃除

海外公演には、そのまま関西空港から出発で、
あと夏の間、家を人に貸す、という私にとって大変チャレンジングな事情があり、
やることが山のようにある。
山のようにありすぎて、といって本当はそんなになのかもしれないのだけど、
その状態がもう酸欠の金魚のように、身に迫り来て、
身体中が鼓動で波打つ。
なるべく綺麗な状態で家を渡したいのだけど。
あと、衣装や小道具を詰め忘れなく、や電化製品のチェック等、冷蔵庫の中身。
洗濯機の調子があまりよくない。あと、シーツを洗濯しなくては。
本当は午前中に打ち合わせが一つあったのだけど、それはもうパスさせてもらう。
あとは荷造りと掃除とでどちらかに集中して執り行えば良いのに、
アップアップになっていて、何もかもが中途半端な状態。
最後は瞳孔の開ききった状態で2時間。
何とかかたをつけ、予定の列車に間に合う。
東京駅に着いた時はちょっとした覚醒状態で、目の奥がぱかっと開いた感じ。
その時上の空で買った鯛飯弁当が、何とも甘み過多で私にとって大変不本意で、我に返り、
まだまだこれから佳境の神戸での作業に目が向く。
午後から稽古。
[PR]
by momokonno | 2008-07-12 16:53
<< 全メンバーが揃う プロモーションビデオの撮影 >>