水張りやり直し

水張りやり直しの日。
白濁やめて、透明な水でいくことにする。
あと、会場全面に水を張るのではなく、陸地も少し残すことに。
お客さんの半分を、水中席ということにする。
ドロドロ白濁水を一度流し、拭き上げる。

実験の日は水を溜め始めて2時間後、
まだ数センチしか溜まっていないことに気付く。
やけに遅い。
みるとホースの直径が極細だった。
今回は太いホースで勢いよく流しこむ。
2時間で溜まる。

今日は照明チームや稽古見学の人も何人か来てくれて、
わいわいがやがや準備する。
水が気持ちよくて、みんな子どもに返ったみたいになる。

足で水をかくと、床面全面に波紋が広がる。
天井にもきらきら反射する。
[PR]
by momokonno | 2006-08-30 07:34
<< 水浸し 水を張る >>